自分で直せる水のトラブルの判断基準とは?

自分で直せる水のトラブルの判断基準とは? 台所や風呂、洗面、トイレ等の水回りは、人々の快適な生活の為に欠かせない場所です。しかしながら、使う頻度も多く、どうしても水のトラブルが発生しやすくなります。修理業者に依頼すると、調査や修理の間家にいなければいけませんし、当然ながら費用も発生します。自分で直せるなら早く安く済みますので、自己解決できる水のトラブルは自分で直した方がお得です。ただし、何でもただ闇雲に直そうと挑戦してしまうと、かえって症状を悪化させてしまう恐れもあります。水のトラブルが発生した際、自分で直せないと判断した場合には、潔く諦めて早い段階でプロの修理業者に頼むようにしましょう。その為にも、自己解決が可能かどうかの判断基準を知っておくことが大切です。どのような水のトラブルなら自分で直せるか、判断するポイントを紹介します。

■症状が軽い

水のトラブルには様々な種類がありますが、代表的なトラブルに水漏れやつまりがあります。水漏れは、蛇口や蛇口の根元、給水管や排水管、またそれらの接続部分等で起こることが多いです。他にも、トイレの便器に常に水が流れていたり、タンクから漏れるケースもあります。チョロチョロ流れているなど、漏れの勢いが弱いのであれば、自分でも解決できる可能性が高くなります。つまりの場合はトイレや排水口部分が考えられますが、少し流れない程度であれば、詰まりの原因を吸い出したり、溶かしたりする対応で解消できます。このように、水漏れやつまりの症状が軽い場合には、自分でも直せる可能性が高いと考えて良いでしょう。

■原因がはっきりしている
例えばトイレつまりの場合、子どもがおもちゃを落としてつまらせてしまった、トイレットペーパーを流しすぎたなど、原因がはっきりしているのであれば、すぐに対処すれば簡単に解消できる可能性が高いです。水漏れの場合でも、蛇口の中のパッキンが割れている、部品が劣化しているといった原因がすぐに分かるケースなら取り替えるだけで解消できますので、部品さえ手に入るのであれば簡単に自己解決できます。どうしても原因が分からない場合は、なんとか応急処置ができたとしても、根本的に直すことはできませんので、やはりプロの修理業者を頼らざるを得なくなります。

■故障している箇所が取り外せる

水回りで使用されている部品は、各メーカーから多種多様な種類が出ており、それぞれに形状やサイズが異なります。また、結合していて簡単には取り外せないようになっている仕様もありますので、素人では直せないケースも増加しています。故障している箇所が判明していても、自身で取り外せない場合には、やはり自己解決は難しいと判断されます。また、パーツを調達できない場合も、修理業者に頼った方が安心できます。無理に外すと元に戻らない恐れもありますので、こじ開けたり、無理に引っ張るといった強い圧力をかけることは止めておきましょう。

■まとめ
毎日使う水回りでは、どうしても水のトラブルを避けて通れない面があります。水のトラブルをできるだけ自分で直して安く早く済ませたいという場合は、水漏れやつまり等が発生したら、自身で直せるかどうか見極めることが大切です。その為には、まず原因を特定し、症状が軽いか重いかを判断します。症状が軽く、原因がはっきりしているのであれば、自身でも解決できる可能性が高くなります。また、トラブル箇所が取り外せるかどうかも確認して、取り外せないようであれば業者に相談しましょう。原因が判明しないまま適当に応急処置をしたり、放置しておくと後に大きなトラブルに発展する恐れがあります。あるいは無理に力を加えて症状を悪化させてしまうこともありますので、自己対応ができないと感じたら、早急に修理業者に依頼して来てもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース